トップ / 矯正歯科が注目されている

矯正歯科が注目されている

矯正歯科をする時期

歯科医院

子供の歯科矯正について

子供の歯科矯正は、ワイヤータイプとマウスピースタイプがあります。ワイヤータイプは永久歯に装置を装着する方法で、取り外しができません。一方、マウスピースタイプは取り外し可能で、自宅にいる間、できるだけ長い時間装置を装着します。ワイヤータイプは、永久歯が生えた時期から治療を開始するのに対して、マウスピースタイプは、乳歯が生えているうちに治療を開始します。ワイヤータイプは、装置が常に歯に装着しているため、ハミガキが大変なこと、マウスピースタイプは、装置の取り外しがきくため、治療が進まないデメリットがあります。

子供のうちからの矯正は

矯正は、永久歯が生えそろっていない子供の場合には、1期と2期の治療として分別して行います。子供の場合には、歯磨きがうまくないため、虫歯や歯周炎などの注意が必要だったり、大人と違い、治している自覚がないため、装置をつけるのを嫌がったりと、大人と違い難しいところは多くあります。しかし、子供のうちのほうが成長の途中のために、下あごの位置関係を改善しやすいなどのメリットがあります。抜歯を伴わない矯正をすることができ、また、子供の場合には大体が大人の治療よりも費用が安くなるなどがあります。

↑PAGE TOP