トップ / 歯医者で初期の虫歯を診る

歯医者で初期の虫歯を診る

歯医者と初期の虫歯

歯科医院

初期の虫歯は歯医者でも削らない

虫歯かなと思って歯医者さんに行っても、歯を削らないケースがあります。それは、虫歯がまだ、初期の段階であるためです。初期の虫歯チェックは、自分でもすることができます。熱いものや冷たいものが染みやすかったり、歯茎の溝部分が黒ずんできたときも注意です。かぶせ物や詰め物に段差が出てきたり、デンタルフロスの引っかかりが気になる時も、虫歯初期の信号が出ている時です。しかし虫歯も初期であるため、歯医者さんでは虫歯は削らない方法を採ることが多いです。ほとんどの場合はフッ素塗布や最近ではレーザー治療などでの治療になります。

神経をなるべく残す歯医者を探す

歯医者さんでの虫歯治療は、虫歯の部分を削って、詰め物をするというのは一般的です。虫歯が進行すれば、歯の神経まで取ることもあります。自分の歯を残していくことは、健康のことも考えると、とても大事なことです。神経を安易に抜いてしまうと、デメリットも大きいです。虫歯になりやすくもありますし、歯の色も変わりやすくなり舞う。信頼できる歯医者さんに治療をお願いして、できるだけ歯の神経を残す方法で、歯科治療をしてもらうようにしましょう。デンタルクリニックはたくさんあるので、自分にあった医院を見つけることは大切です。

↑PAGE TOP